AVic

脳梗塞、脳出血、脊髄損傷、腰痛、五十肩などの後遺症改善を目的としたリハビリサービス

お問合わせ

スタッフ紹介

チーフマネージャー

藤本 修平 Shuhei Fujimoto
理学療法士、認定理学療法士(脳卒中)、保健学修士
Message
「なりたい自分」の実現を目指し、これまでに培った知見(エビデンス)と経験を踏まえながらリハビリをご提案いたします。当施設はスタッフのチームアプローチも魅力です。利用者様にもその一員となっていただき、一緒に課題を解決していきましょう。
Profile
「なりたい自分」の実現を目指し、これまでに培った知見(エビデンス)と経験を踏まえながらリハビリをご提案いたします。当施設はスタッフのチームアプローチも魅力です。利用者様にもその一員となっていただき、一緒に課題を解決していきましょう。
Career
H21.4〜H23.3
津軽保健生活協同組合健生病院
H23.4〜H27.7
東京湾岸リハビリテーション病院
H25.9〜現在
浜松医科大学医学部心理学教室 客員研究員
H26.4〜H30.3
京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 博士後期課程
H27.2〜H28.9
株式会社メドレー 新規事業開発部
H28.10〜H29.9
株式会社リンクアンドコミュニケーション 新規事業開発部
マネージャー
H28.12〜H30.3
東京都健康長寿医療センター研究所 非常勤研究員
H29.10〜現在
AViC THE PHYSIO STUDIO(株式会社豊通オールライフ 新規事業開発部)
H30.4〜現在
東京都健康長寿医療センター研究所 協力研究員
Treatise・Books
Fujimoto S, Kon N, Takasugi J, Nakayama T:Attitudes, Knowledge and Behavior of Japanese Physical Therapists with regard to Evidence-Based Practice and Clinical Practice Guidelines: A cross-sectional mail survey. J Phys Ther Sci 29(2), 2017.
 

Fujimoto S, Tanaka S, Laakso I, Yamaguchi T, Kon N, Nakayama T, Kondo K, Kitada R:The effect of dual-hemisphere transcranial direct current stimulation over the parietal operculum on tactile orientation discrimination. Front Behav Neurosci 11(173), 2017.
 
Fujimoto S, Kon N:Improvement of tactile roughness discrimination acuity correlates with perception of improved hand function in patients after hand surgery. J Phys Ther Sci 28(4), 2016
 
Fujimoto S, Kon N, Otaka Y, Yamaguchi T, Nakayama T, Kondo K, Ragert P and Tanaka S :Transcranial direct current stimulation over the primary and secondary somatosensory cortices transiently improves tactile spatial discrimination in stroke patients. Front Neurosci 31(10),2016.
 
Fujimoto S, Kon N, Takashi N, Otaka Y, Nakayama T:Patterns in the collaboration of practitioners and researchers in the use of electrical stimulation to treat stroke patients: a literature review. J Phys Ther Sci 27(9), 2015.
 
Fujimoto S, Yamaguchi T, Otaka Y, Kondo K, Tanaka S:Dual-hemisphere transcranial direct current stimulation improves performance in a tactile spatial discrimination task. Clin Neurophysiol 125(8), 2014.
 
藤本修平,小向佳奈子,光武誠吾,杉田翔,小林資英:リハビリテーション分野における自費診療を行っている病院・施設のWebサイトの質の評価. 理学療法学 44(6), 2017.
 
藤本修平,尾川達也,藤本静香,中山健夫:共有意思決定における患者参加の促進因子と阻害因子に対する認識:理学療法士・作業療法士を対象としたフォーカスグループインタビュー. 理学療法科学 33(1), 2018.
 
藤本修平,大高洋平,高杉潤,小向佳奈子,中山健夫:千葉県の理学療法士における診療ガイドラインの利用および重要性の認識に関連する因子:質問紙調査法を用いた横断研究. 理学療法学 45(1), 2018.
 
・・・他、主著/共著合わせて約40編
ページのトップへ