AVic

脳梗塞、脳出血、脊髄損傷、腰痛、五十肩などの後遺症改善を目的としたリハビリサービス

電話でのお問い合わせ

私たちの思い

日本では、脳卒中などの脳血管疾患や整形疾患などの後遺症に対するリハビリの需要が急拡大しています。しかしながら、リハビリ環境の現状は、医療・介護保険で実施するリハビリでは、日数・時間・回数・方法などに制限があるため、満足なリハビリを受けることができない「リハビリ難民」が多数存在しているといわれています。

私たちの思い

リハビリを必要とする人々に十分な質と量の
リハビリを提供することを目指す。

私たちは、リハビリ環境の課題解決に向けて、第3の選択肢として注目される「自費(保険外)リハビリ」事業を推進します。リハビリを必要とする人々に対して十分な質と量のリハビリを提供し、身体機能や日常生活動作(ADL)*1の改善とともに生活の質(QOL)*2の向上を図ります。リハビリ施設を運営し、現場のニーズをくみ取り解決していくことにより、リハビリ環境の向上に寄与することを目指します。

リハビリを必要とする人々に十分な質と量のリハビリを提供
ページのトップへ